仙台はちみつプロジェクト&竹鶏物語コラボ商品


プレミアムなお菓子の販売です

仙台はちみつとたまごのクグロフケーキです

____________

クグロフ型(斜めにうねりのある蛇の目型)にアーモンドとキルシュヴァッサーで香りをつけた乾し葡萄を入れ、ブリオッシュ風の生地を入れて焼き上げたもので、食べる前に粉砂糖をふりかける。オーストリアのクリスマスには欠かせないものである。アルザス地方では日曜日の朝に焼くパンでもあり、アルザス産の白ワインによくあうといわれる。オーストリアでもどの家庭でもクーゲルホップフ型があり、クーゲルホップフ型で焼いたパンは全てクーゲルホップフと呼ぶ。

名前の由来には中高ドイツ語のクーゲル(僧帽)+フップフ(酵母)が語源であるという説と、リボヴィレの陶工クゲルの名が語源であるという説がある。(wikipediaより抜粋)
____________

画像



画像


『仙台はちみつプロジェクト』

仙台市中心部に『街ナカ養蜂』を営み、はちみつを通じて環境保全や魅力ある街づくりを進めています

『竹鶏物語』

日本で一番、ありがとうの〝わ″が生まれる養鶏場を目指した竹鶏ファーム。
蔵王の麓から毎日の元気と笑顔の源になりますように

この二つのプロジェクトがコラボし美味しいお菓子ができあがりました。

付属のはちみつをケーキにかけてお召がりください(^^)


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック